ブログBLOG

Adobe Premiereのディゾルブについて

映像編集の作業においてディゾルブ(オーバーラップ)は欠かせないエフェクト。
After Effectsなどの合成ソフトより、Premiereなどの編集ソフトで重宝されていることでしょう。
しかしこのPremiereであるバージョンから、デフォルト設定のディゾルブ処理が滑らに見えなくなったのをご存知でしょうか。
この原因は、オーバーラップする二つの映像が加算処理されているからだと言われています。

211010_01.jpg

対策としては、シーケンス設定において「リニアカラーで合成」項目のチェックを外すことで解決します。
ただこのチェックを外すことにより、アルファチャンネルの処理に影響が出ることもあるので、作業内容によって使い分けが必要になってきます。

東京・大阪・京都を中心に展開するJPCでは、今後も映像制作にまつわるTIPを紹介していきたいと思います。

映像制作の
依頼・お見積り・ご相談
JPCにお任せください。

お問い合わせフォーム

東京都内・関東圏の方はこちら

03-6206-6466

東京オフィス
受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉

〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町4番地12 MCC神田岩本町ビル6階
MAP

大阪・京都・神戸・関西圏の方はこちら

075-365-0571

京都本社
受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】大阪・兵庫・京都・滋賀

〒600-8062 京都市下京区恵美須屋町193
MAP