THE MOVIE FACTORY

MOVIEブログBLOG

ライトとスモークの関係

その他

2019.10.10

撮影において、ライトは画作りにおいてもっとも重要な要素です。

どの角度から、どのような光を、どのように当てるかによって、

レンズを通した時にまったく違う画になります。

硬い光、柔らかい光、フラットな光...

照明部さんはあの手この手で光を操り、

シチュエーションに合った光を作っていきます。

光の演出にとても重宝するのがロスコマシーンなどのスモークです。

レンズに直接光を当てたり、光源を直接撮影しない限りは、

基本的には被写体がないと、光はカメラには映りません。

しかし、スモークを充満させた空間で、ライトを焚くと、

光の筋が可視化できるようになります。

コンサート会場などで、レーザービームのような演出がよくありますが、

その場合も実はコンサート会場全体にスモークを充満させているのです。

スモークの細かい粒に光が反射することによって、

レーザーの筋が目で見ることができます。

今度はスモークの仲間である、湯気や、煙を撮影したい場合ですが、

光を順光(カメラ側から)で当てると、カメラによく写りません。。

熱々のお鍋の映像などを撮りたい場合などは、

湯気の部分に逆から光を当ててあげると、

もくもくと湯気が立ち込める映像が撮れます。

撮影のことならどんなことでも、

東京、京都のJPCにご相談ください。

映像制作の依頼・お見積り・ご相談は
JPC にお任せください

お問合せフォームからのご相談はこちら

東京都内・関東圏の方はこちら
東京オフィス 03-6206-6466

受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1-5 マストライフ神田錦町3F
大阪・京都・神戸・関西圏の方はこちら
京都本社 075-365-0571

受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】大阪・兵庫・京都・滋賀

〒600-8062 京都市下京区恵美須屋町193