THE MOVIE FACTORY

MOVIEブログBLOG

動画におけるシャッタースピード(屋外編)

ロケ撮影・ドローン

2019.09.06

屋外での動画撮影では、

太陽が照っている場合など、絞りだけでは追いつかず、

白とびしてしまいます。

白とびを防ぐ手段として、カメラ本体でできることといえば、

シャッタースピードの値を上げること。

しかし、これが要注意です。

シャッタースピードの値を上げて撮った映像をみてみると、

なんだかパキパキしていて、とても不自然。

1フレーム、1フレームそれぞれすべてがブレがなく、

パッキと映りすぎてしまうため、

流れで見たときに目がチカチカしてしまうのです。

AfterEffectsなどのソフトを使う人は、

オブジェクトを動かしたとき、

モーションブラーをかけて、絵になじませると思いますが、

シャッタースピードを上げると、

このモーションブラーがかかっていない時と同じような状態です。

映像にした時、適度なブレがあるから、自然に見えるのです。

だからこそ、ロケにはNDフィルターが必須アイテムなのです。

NDフィルターで物理的に暗くして、

絞りやシャッタースピードを気持ちの良い値に設定します。

屋内におけるシャッタースピードの注意点は、また後日ご紹介します。

撮影のことなら、東京、京都のJPCまで、

お気軽にご相談ください。

映像制作の依頼・お見積り・ご相談は
JPC にお任せください

お問合せフォームからのご相談はこちら

東京都内・関東圏の方はこちら
東京オフィス 03-6206-6466

受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1-5 マストライフ神田錦町3F
大阪・京都・神戸・関西圏の方はこちら
京都本社 075-365-0571

受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】大阪・兵庫・京都・滋賀

〒600-8062 京都市下京区恵美須屋町193