THE MOVIE FACTORY

MOVIEブログBLOG

フッテージ素材の選び方

映像編集・技術

2019.08.23

世界中のいろんな風景、宇宙、ミクロ、CGなど、

莫大な種類のフテージ素材が、ネットで簡単に買える、

大変便利な時代です。

一昔前は、Artbeatsくらいしかなかったので、

 MVなどを見ていると、

「あっ、この素材何度もみたことあるぞ」

ということもたまにありました。

SDから4Kといった様々な形式にも対応していますが、

フッテージ素材を購入する際、気をつけなければならいことがあります。

あくまで私見ですが、最も注意する点は、フレームレートです。

我々日本人が、編集作業で普段もっともよく使うのが

30p(29.97fps)、24p(23.98fps)だと思います。

他の素材を24pで編集している場合、30pのフッテージ素材を購入してしまうと、

シーケンスにはめた時、フレームレートのズレで、映像がカクついてしまいます。

私自身、泣く泣く他の素材も30pに変更せざるを得なかった、

という失敗を幾度かしました。

ただ、もっと厄介なのは、ヨーロッパで撮られたり、作られたフッテージ素材です。

ヨーロッパなどのPAL圏内では25pが基本です。

これを購入してしまうと、30pで編集してても、24pで編集してても、

フレームレートのズレで、カクついてしまいます。

フッテージ素材を購入する際は、

必ずフレームレートを確認してから購入することをお勧めします。

映像制作の依頼・お見積り・ご相談は
JPC にお任せください

お問合せフォームからのご相談はこちら

東京都内・関東圏の方はこちら
東京オフィス 03-6206-6466

受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1-5 マストライフ神田錦町3F
大阪・京都・神戸・関西圏の方はこちら
京都本社 075-365-0571

受付時間:9:00 - 18:00(土日祝除く)
【営業可能エリア】大阪・兵庫・京都・滋賀

〒600-8062 京都市下京区恵美須屋町193